ADHD 片づけられない

片づけられないのは病気のせい?大人にも多いADHDとは?

ADHDは片づけられない?

 

「小さいころから片付けが苦手でいつも部屋が散らかっていた」「部屋の掃除をしようと思っても、どうしても片づけられない」「片づけたいという気持ちはあるのにどうしていいか分からない」などの悩みを持つ大人が増えています。

 

最近はADHDがテレビで取り上げられたことによって、片付けられないのは病気のせいではないかと考える人もいるようです。

 

テレビに出てくるゴミ屋敷や、業者の方に入ってもらわないと片付かないレベルまで行くとADHDなどの病気の可能性もありますが、ただ部屋を片付けられないというのもADHDの症状の一つなのでしょうか?

 

また、ADHDには部屋が片づけられない他にはどのような症状があるのでしょうか?

 

実際にADHDで悩んでいる人の声を集めてみました。

 

部屋が片づけられない症状は、ポイントを押さえておくと少しずつ改善できるようです。

 

ADHDは部屋が片づけられない?

 

ADHDの症状の一つに部屋が片づけられない、整理整頓が苦手という物がありますが、これらの症状が当てはまるからといってADHDと決まったわけではありません。

 

だらしない人、きれい好きではなく部屋が汚れていても気にならない人が世の中には沢山いるからです。

 

部屋が汚いからADHDと決めつけてしまうと、世の中にはADHDの人がたくさんいる事になってしまいます。

 

片づけたのにキレイにならない、そもそも片づけ方がわからない、整理整頓しているのにすぐに部屋が汚れるなどで悩んでいる人は、ADHDの可能性があるかもしれません。

 

ADHDの症状には他にどんなものが?

 

部屋が片づけられない症状の他に、ADHDにはどんな症状があるのでしょうか?

 

大人のADHDの代表的な症状が、忘れ物です。

 

気を付けているのにどうしても忘れ物をしてしまう、やらなければいけない事を忘れてしまうなどはADHDの症状の一つです。

 

社会に出てこれらの症状が出てくると、仕事ができない人と決めつけられてしまい自己嫌悪に陥りうつ病になってしまう人もいるくらいです。

 

落ち着きがない、じっとしていられないなどの子供の時に見られるADHDの症状は大人になるとなくなる事が多いのですが、部屋が片づけられない症状は大人になっても残る事があり注意が必要です。

 

部屋が片づけられないのは病気のせいだった!

 

ADHDで部屋が片づけられない人は、どのタイミングで気付いたのでしょうか?

 

私は小さいころから片付けが苦手で、ずっと母に怒られていました。

 

自分では片づけたつもりでも、母からどこを片付けたの?と言われて大喧嘩する事もありました。

 

途中から母もあきらめて部屋の片づけをしてくれるようになったのですが、1人暮らしを始めてからは自分ではどうしようもできませんでした。

 

部屋がぐちゃぐちゃなので友達を呼ぶこともできません。

 

そんな時にテレビでADHDの特集を見たんです。

 

自分に当てはまる事が多くて驚きました。

 

母に相談すると、自分の娘が病気なんて信じられないと言っていたのですが一緒に病院に行ってくれました。

 

検査はとても大変で時間もお金もかかりましたが、検査結果はやはりADHDでした。

 

ショックというよりは、小さいころからの悩みが解消されてスッキリした気分です。

 

薬を飲まなくても大丈夫!片づけられない時も、これだけは守ろう!

 

ADHDで部屋が片づけられない時に薬を飲めば片付けができると思うかもしれませんが、少しの注意で解決できることがあります。

 

物を増やさない

 

新しい物を買うと、どうしても部屋が物であふれます。

 

そして、そのあふれた物を収納するために新しい収納家具を買うという悪循環に陥ってしまいます。

 

何か欲しいと思っても、部屋が片付いてから買おうと考えると物欲が消えていきます。

 

1度に片づけようとしない

 

「よし!今日は家じゅうを片付けるぞ!」と思うと、途中で挫折してしまいます。

 

「今日はテーブルの上だけを片付けよう」「明日はテレビのまわりだけを片付けよう」と1日1か所の掃除を目標にするのがオススメです。