ADHD 薬 コンサータ

ADHDに効く薬、コンサータ。その効果や口コミは?

ADHDはコンサータが効く?

 

ADHDは完治する事は難しいと言われていますが、薬を飲む事で症状を抑える事はできます。

 

その代表的な薬が、コンサータというものです。

 

この治療薬のコンサータは多くのADHDで悩む方に飲まれていて、その効果も高いと評判です。

 

しかし、コンサータは医師の処方がないと飲めない薬ですから副作用などの心配もあります。

 

また、ADHDのどのような症状に効果があるのでしょうか?

 

実際にADHDを飲む事で日常生活が送りやすくなったという方の声も紹介するのでご覧ください。

 

ADHDの治療薬、コンサータとは?

 

ADHDの方は、脳の情報伝達がうまくいかずに色々な症状に悩まされています。

 

部屋が片づけられない、朝起きる事が苦手、忘れ物やうっかりミスが多いなどは、病気のせいであっても周囲にはなかなか理解されずに苦しい思いをしている人が多くいるのが現状なのです。

 

そんなADHDの症状で悩む人の助けになるのが、治療薬のコンサータです。

 

ADHDの方は脳内のドーパミンなどの神経伝達物質が不足して、落ち着きがなくなったりうっかりミスをしてしまったりするのですが、コンサータを飲むとドーパミンなどの働きを補ってくれるので症状を抑える事ができるんです。

 

どんなに強い意志を持っていても自分の力ではドーパミンを増やすことはできませんが、コンサータを飲む事で約70%の方が効果を感じています。

 

効果が期待できるコンサータ、副作用の危険は?

 

ADHDの症状を改善してくれるコンサータですが、もちろん薬ですから副作用の心配もあります。

 

食欲低下

 

コンサータを服用した方の約40%が食欲が低下したと言っています。

 

食欲低下による体重減少の副作用が出る事もあります。

 

眠れなくなる

 

不眠の副作用を感じた方は、コンサータを服用した中で2割ほどいました。

 

これ以外にも動悸、めまい、のどが渇く、イライラなどの症状が出る事があります。

 

ただ、副作用を全く感じない人もいるので効果や副作用の感じ方は個人差があるようですね。

 

コンサータの服用を続けていくうちに、副作用を感じなくなる人もいます。

 

コンサータの効果はどれくらい?

 

コンサータは即効性のある薬なので、服用してから1時間ほどで効果が出てきます。

 

そして、コンサータは効果の持続時間が長く12時間ほどは続くと言われています。

 

ですから、朝飲んでおくと夕方から夜まで効果が続くので頻繁に薬を飲む事が出来ない人に大変喜ばれています。

 

しかし、効果が長く続くので昼間に飲むと夜眠れなくなるという話もありました。

 

コンサータはどこの病院でも出してもらえるわけじゃない??

 

コンサータはどこの病院でも処方してもらえません。

 

コンサータ錠適正流通管理委員会に登録した医師しか処方できないので、病院を受診する時は事前に電話などで確認するのがオススメです。

 

コンサータはそれだけ効き目が強く厳重に管理されているという事ですね。

 

コンサータに出会えて良かった!

 

実際にコンサータを飲んでいる人は、どのような事に注意しているのでしょうか?

 

病院でADHDと診断されて、仕事中のミスや時間管理に悩んでいると医師に相談したらコンサータを処方してくれました。

 

最初に飲んだ時は少し頭がぼーっとするなと思ったのですが、だんだん慣れてきて今は大丈夫になりました。

 

コンサータを飲んでいると仕事中も集中できるので、周りを心配させていたミスや忘れ物が減ってきた気がします。

 

ただコンサータを飲んでいると眠れなくなることがあるので、なるべく朝の早い時間に飲むようにして休日は飲まないようにしています。

 

仕事で怒られる事が減ってストレスもなくなったので、私はコンサータを飲んで良かったなと思っています。