ADHD 診断基準

ADHDの診断基準は?大人と子供で違いはあるの?

ADHDの診断基準とは

 

子供から大人まで、誰もがなる可能性のある病気、ADHD。

 

「うちの子はもしかしたらADHDではないか?」「ADHDの症状に自分が当てはまる気がする」このように感じた事のある方が、最近では増えてきているようです。

 

しかし、ADHDにはまだまだ解明されていない事がたくさんあり診断基準もとても難しいと言われています。

 

今回は、そんなADHDの診断方法や診断基準について詳しく調べてみました。

 

また、子供と大人では診断方法は違うのでしょうか?

 

診断基準の違いも気になるところです。

 

ADHDの代表的な症状、病院での診断方法と診断基準、大人と子供のADHDの違いなどを調べてみたのでご覧ください。

 

これってADHDの症状?

 

ADHDは大きく分けて、不注意、多動性、衝動性の3つに分けられています。

 

そして、これらの症状と年齢を考慮してADHDかどうかの診断が行われています。

 

しかし子供のADHDの症状としてよく言われる落ち着きがない、人の話を聞けないなどはどの子供にも見られる事なので診断基準は非常に難しいと言われています。

 

年齢が上がってくると、落ち着きがないなどの症状がなくなり普通の生活を送れるようになる子供もたくさんいます。

 

それに、ADHDは軽度、中等度、重度に分けられる事があるので軽度と重度では症状も診断基準も大きく異なります。

 

「落ち着きがないからうちの子はADHDだ」「私は部屋が片づけられないからADHDかもしれない」などの決めつけはやめて、どうしても気になるときは病院に行ってみるようにしましょう。

 

大人と子供のADHDの違い

 

ADHDは子供の病気というイメージを持っている人もいますが、大人でもADHDの人はいます。

 

ただ、ADHDの症状は大人になるにつれて日常生活に支障がない程度に治まってくると言われています。

 

しかし、ADHDの本質は残っているので大人特有の症状が出てくることもあります。

 

子供の頃に落ち着きがなく多動性が目立った子供は、大人になると集中力がない、気を付けているのに忘れ物が目立つ、部屋の片づけができないなどの症状に悩まされるといいます。

 

子供の頃は学校や家族が理解してくれていたけれど、社会に出てまわりとの違いを痛感する、それによってうつ病や不安障害などの2次症状に悩まされる事もあります。

 

ADHDの自己判断は危険!

 

ADHDは診断基準がとても難しく、医師でも難しいと言われています。また、診断にはいくつもの検査があり時間がかかります。

 

だからといって、自己判断で「自分はADHDだ」と決めつけるのはとても危険です。

 

どうしても気になるときは、病院に行ってみましょう。

 

あまり小さいうちは診断ができないので、小学校に上がってから本格的な診断を受ける事が多いようです。

 

大人になってからは、いつでも病院で検査を受ける事ができます。

 

その場合は、精神神経科や心療内科を受診してみましょう。

 

気になるときは、病院へ。ADHDの診断基準とは?

 

ADHDの診断基準はとても難しく、医師や病院によって違いがあると言われています。

 

しかし、どこの検査機関もとても多くの項目を検査する事に変わりはありません。

 

まずは問診です。この時、自分の気になる症状や幼少期からのまとめ、学生時代の通知表などの準備しておくとスムーズです。

 

この問診のあとに、家族や友人などの身近な人からの聞き取りを行う場合もあります。

 

その後は他の病気の可能性はないか、脳を調べたり血液検査を行ったりするようです。

 

これらのたくさんの検査を行った後に、医師がADHDかどうかの診断を下します。

 

ADHDにはまだわからない事がたくさんあり、診断基準もはっきりと決まっていないのが現状です。