ADHD 薬 ストラテラ

ADHDの治療薬、ストラテラの効果と副作用の紹介!本当にADHDに効果アリ?

ADHDの治療薬、ストラテラ

 

ADHDは子供だけの病気ではなく、症状に悩んでいる大人もたくさんいます。

 

そんなADHDの症状で悩む多くの人を支えているのが、治療薬のストラテラです。

 

薬局などでは買う事ができず、病院で診察を受けて医師の処方を受けなければ飲む事はできません。

 

ストラテラは海外でも広く飲まれており、子供から大人まで飲む事ができるADHDの治療薬です。

 

しかし、そんなストラテラにも副作用の心配はあります。

 

また、ストラテラは効き目が出るまでに時間が掛かると言われているのですが実際はどうなのでしょうか?

 

ADHDの治療薬としてずっと飲み続けないといけないのか、依存性なども気になります。

 

ストラテラについて詳しく解説していくので、気になっている方は参考にして下さいね。

 

ストラテラは新しい薬?

 

ストラテラは2003年にアメリカで開発されたADHDの治療薬です。

 

いま現在、世界中で飲まれているストラテラですが、日本でも飲まれるようになったのは2009年からです。

 

日本では最初は18歳未満の子供しか飲む事ができず、2012年にやっと18歳以上の服用も認められました。

 

また、6歳未満の子供は安全性が確立されていないので飲む事はできません。

 

ストラテラにはカプセルと液体があり、まだカプセルの薬を飲む事が苦手な子供でも飲む事ができると喜ばれています。

 

カプセルは味がせずに飲みやすいので、薬を飲む事が苦手な大人も飲む事ができますね。

 

ストラテラを飲む事で考えられる副作用

 

すべての人ではないですが、ストラテラを飲む事で副作用を感じる人もいます。

 

考えられる副作用は、頭痛、吐き気、嘔吐、食欲不振、腹痛などです。

 

これ以外にもいろいろな副作用が考えられるのですが、1番心配なのがアナフィラキシーです。

 

これらの副作用を感じた場合は、すぐに服用を中止して医師に相談するようにしましょう。

 

腹痛や吐き気などの副作用は、ストラテラを食事をとったすぐ後に飲む事で感じなくなる人もいるようです。

 

また、人によってはこのような副作用が全くでない人もいます。

 

ストラテラに依存性の危険はあるの?

 

いくらストラテラがADHDに効果があっても、依存性があったら怖いですよね?

 

薬を飲む事を止められなくなる事もあるのでしょうか?

 

調べてみると、ストラテラに依存性はない事がわかりました。

 

ストラテラは脳の中枢神経に作用しないので、安心して飲む事できますね。

 

ADHDの治療薬のストラテラ、飲んでから効果がでるまでどれくらい?

 

ストラテラは、飲み始めてから効果が出るまでに時間が掛かると言われています。

 

どれくらい時間がかかるのかというと、飲み始めて2週間ほどたってから不注意や多動性、衝動性がおさまり、8週間ほどではっきりとわかる効果が出てくるそうです。

 

という事は、約2か月はストラテラを飲み続ける必要があります。

 

飲み始めは効果があまり分からないかもしれませんが、毎日飲み続ける事が大切なので飲むのを忘れないようにして下さいね。

 

薬の効果が出てくると、朝薬を飲んでおくと効果が1日中続くようになります。

 

この時、症状が改善されたからといって薬を飲む事はやめずに症状の出方などをメモして医師に相談するようにしましょう。

 

ADHDの薬による治療は、医師との連携が非常に重要です。

 

ストラテラは多くの人に飲まれています

 

ADHDの代表的な治療薬として、ストラテラは子供から大人まで多くの人に飲まれています。

 

まだ新しい薬なのでジェネリックなどがなく金銭的には負担が大きいですが、たくさんの人がストラテラを飲む事で日常生活を快適に過ごしています。

 

ADHDの症状に悩んでいる人は、まずは心療内科などで医師に相談してみて下さいね。